Excel(2010)の一部ブックがウィンドウ枠内で最大化表示されない問題

ブックの保護を外すそれだけ
[PR]
# by hiohis | 2017-09-22 18:30 | Computer | Comments(0)

きっと語られない真実の卵

2017.9.7 U-18 日本対オーストラリア戦
11回裏、日本は同点で無死満塁と絶好のサヨナラチャンスを迎えていた。
2番小園の放った打球はライトライナーに近い浅いフライとなり、タッチアップは厳しいかと実況席からも落胆の声が上がった。
しかしライトからの返球はキャッチャーが捕れないほど大きく反れ、バックネット方面に転がったことから三塁ランナー丸山が突入してサヨナラと誰もが歓喜した。
ただ丸山は捕球後に帰塁していない都合上本塁を踏めず、三塁に引き返すのみだった。
解説の元横浜監督渡辺からも苦言を呈され、一部ニュースサイトでも仔細は語られず丸山のミスと断じる記事が上げられた。


果たして本当に丸山のミスだったのか。
まず解説渡辺の言葉をとると、「抜けたら完全に行ける」、だから「フライでもゴロでも一回戻らなければいけない」というもので丸山の走塁を激しく非難していた。
しかしランナー全員が次の塁を狙ったことから分かるように、浅目を守っていたライトをもってしてもノーバウンドで捕球できるかはやや判断に難しいところだったように思う。
また、大きく反れたとはいえライトは強肩であり、大きく反れたボールがバックネット近くで弾むまでの時間は2.5秒程だった。
これではタッチアップは送球が大きく反れない限り難しい。ライトが強肩という情報を試合中に得られたかは確認も面倒なので置いておくが、例え情報がなくとも丸山はあの浅さではタッチアップは厳しいという判断を下したのだろう。
であればボールがワンバウンドした際にホームインが間に合うよう捕球の瞬間までハーフウェイをとるのも最適解といえるかは定かではないが、少なくとも選択肢の一つとして有り得るのではないか。


ノーバウンドで捕球されたにも関わらず本塁突入するフリをしてみせたのは陽動、囮、トリックプレーと見て間違いないだろう。
一塁ランナー藤原、二塁ランナー西巻は共に塁間の真ん中程度まで飛び出していた。
丸山の位置からライト方向に飛んだ打球を追えば西巻はともかく藤原の飛び出しは目に入る。そしてAUSの選手は一塁二塁共にベース上に動き始めており、三重殺はともかく二つのアウトは十分にとれるタイミングにあった。
これを防ぐ為、捕球の瞬間僅か前から脇目も振らずに全力でタッチアップしているように"見せかけた"。
好意的な解釈をするなら、これに動揺したライトが(恐らく)ファーストへの送球を大きく逸らし、結果ダブルプレーを防いだのである。
ただ、どうも陽動を行うことでバックホームを確実に誘い出せると考えていたフシがあり、本塁に向かって深く突っ込みすぎていた。
サードがベースに入るのは他の塁に比べれば遅れていたとはいえ、ファーストがカットした上で三塁に投げられたらアウトの可能性が高かったというのは一つ丸山の判断ミスではないかと感じた。とはいえ、グラウンド上の全ての選手の中では状況判断に優れていた方だろう。

丸山がハーフウェイであることをライトが確認していた(因みに他内野手は全員打球方向を見ていた)から一塁に投げられたという可能性もあるが、
なら帰塁していた上でタッチアップの偽走で藤原を救えたかというと確実にそうとは言えないのではないか。
ライトが捕球する→タッチアップを警戒してバックホーム の流れであれば救えたが、ライトが捕球する→タッチアップされても余裕で本塁アウトをとれると冷静に判断し中継や一塁に投げる であればやはりダブルプレーの可能性は高い。まあ前者のプレーになる可能性が圧倒的に高いだろうが。
勿論丸山のとった選択も確実に救えた訳ではない。現に(恐らく)一塁に投げられており、送球が逸れなければダブルプレーだった。
それでもハーフウェイという判断をとった上で、捕球されたらまず戻るべきところを突入という陽動によって藤原を救った一連の行動は精一杯のプレーと言えるのではないかというのが何十回と見返した上での所感である。


丸山にとって不運だったのはライトの返球が捕手も本塁付近で捕れないほど大きく逸れ一度帰塁していればホームに帰れたこと、そして解説の渡辺が完全なチョンボと断言し視聴者にもまず丸山のミスという印象を抱かせてしまったこと。
そして何より、このプレーについて私の推測通りの事を丸山の口から解説することになれば飛び出しをした藤原に責任を転嫁することになってしまう為、本人の口からは語りにくいということだ。試合後のミーティングレベルでは語られたかも知れないが、その内容は表出しない可能性の方が高い。
かくして真相は(きっと)闇に葬られ、世間的には丸山のみのミスとして語られていくのである。
いや実際に野球を熟知した有識者がプレイを拝見してやはり丸山のミスという決断が下されるのかも知れないが、もう少し細かな解説が欲しかった。


[PR]
# by hiohis | 2017-09-14 20:11 | 野球 | Comments(0)

Windowsストアアプリの一部がスタート画面上でタイルのみでアイコンが表示されず、クリックしても起動できない問題

2017年8月上旬、Win8タブで日頃から手書きメモに利用していたストアアプリ「Bamboo paper」が上記の症状により起動できなくなった。
原因として思い浮かぶのはWindowsUpdateだが、それが原因ならそのうちアップデートで解消されるだろうと高を括っていたが三週間程経過しても起動できないままだった。
勿論ただ待っているだけということもなく、まずストアからアプリのアップデートを試みるものの0x80070002エラーが発生し失敗。
ローカルアカウントへの切り替えやWSResetも行ったが不発に終わっていた。
なお、タブレットの容量不足(32GB)によりシステムの復元にかかる領域が確保できておらず、システムの復元は実行できない。
ちなみに、Bamboo paperのアンインストールを行うと今まで書いたメモが全て消えてしまう事は他のWindows10 PCにより確認している。

この問題の解決策は、「データフォルダをバックアップした後に再インストールを行い、データを元のフォルダに戻す」という極めてシンプルなものだった。
問題はデータファイルがどこに格納されているかだが、これは
C:\ユーザー\(ユーザー名)\AppData\Local\Packages\D91E29CF.BambooPaper_38kynpdw5g1aw
のどこかに入っていた。C:\Program Files\WindowsAppsではない。
普段見慣れない拡張子のファイルだったが、標準アプリで開けたのでどのファイルがメモデータかは判別がついた。
これをバックアップし、Bamboo paperをアンインストール。その後再インストールし、前述したファイル群を元の場所に戻してやる。すると正常に起動でき、メモも消えていない状態に復元することができた。

教訓
・Win8(.1)は使用者も減少傾向にあるのでこういった問題の自然対策は今後更に期待できなくなる、自力でもググっても解けない様々な問題に押し潰された時がこのタブレットの限界
・システムの復元に必要な領域を余裕をもって確保できる程度の基本容量がWindowsタブレットには必要



[PR]
# by hiohis | 2017-08-25 00:15 | Computer | Comments(0)

ロヂャースの女の子

かわいい
[PR]
# by hiohis | 2017-08-07 18:00 | クソみたいな世界 | Comments(0)


先延ばしするなと言った成功者の言葉は偉大だ

c0074454_2341597.jpg

[PR]
# by hiohis | 2017-06-15 22:55 | 家庭用ゲーム | Comments(0)

パワプロ2017/登場する学校名は自動生成により作成されたものであり、実際の組織及び団体とは関係あ

システムデータの消失で2016のアイテムがほぼ全て吹っ飛んでやる気が無くなっていたが
2017に移行したら予想以上に新入生が頑張ってくれ、2017年から始めた3年目の2019年の夏に
甲子園のベスト4まで勝ち上がることができた
次ぐ準決勝の相手校名を見ると既視感のある校名であり、前評判もAだったので負けても記念になるだろうと思い録画する事にした



三年生の初期能力
c0074454_3392393.jpg



ベンチ環境は2016栄冠ナインと同様で投(3)、投(2)、投(2)、投(1)、秋レギュラー野手×4(1)、守備要員投手
投手であれば守備要員として起用されない点を踏まえ、世代三番手投手を守備のオールラウンダーに育てる
左投げであろうが必要であれば二遊を守らせる監督の強い意思が必要だが、それさえクリアできれば
少々自操作時に野手より打ちにくい程度で感覚的には2014の全ポジ持ち控え選手と同様に使っていける
寧ろ投手の肩+15が大きいので守備要員として活躍できるのは投手の方が早いかも知れない
ただ走塁練習の取得経験点が野手に劣るので、敏捷が20を下回ると当面の目安DCBCの到達が遅くなる
投手能力を高める練習指示をしなければ起用順は三年(1)>三年(2)or二年(1)>二年(2)>三年(3)>一年(1)程度になるので勝手に登板して勝手に降りるといった事故もほぼ起こらない
こうして大量リード時に三年生から交代で出てきた一年を試合終了まで出し続けることが可能になる

ただ敬遠策に投手を使うと赤特のリスクがあるのですぐに卒業していく三年を使うのが望ましい
[PR]
# by hiohis | 2017-05-20 03:17 | 家庭用ゲーム | Comments(0)

デスクトップ上でファイルを右クリックをするとエクスプローラが十数秒フリーズする問題

右クリックメニューを色々追加すると重くなる可能性があるという話だったので確認してみると「共有アルバムに追加」という見慣れないものがあることに気付く
どうやらWindows版iCloudをインストールすると自動的に右クリックメニューに追加されるらしい
コントロールパネルからiCloudを削除してフリーズするほど止まるということはなくなった

誰もが使うわけじゃない右クリメニューは非表示にできる設定を設けておいて欲しいものだ
[PR]
# by hiohis | 2017-03-31 18:38 | Computer | Comments(0)

少年ヤンガスと不思議のダンジョン/vsホークマンin魔導(2周目以降)

一周目はミルドラースのお供にホークマンが出てきたが、撃破後はボス戦が発生しないのでホークマンも出てこない
そこで二周目以降はぶんれつの杖ではなく、まものの壷が必要となる
c0074454_1756213.jpg

背後に味方を控えさせた上で細道で呼び出せばホークマンの出現箇所を絞ることができ、俊足故にチョコマカ動いて味方が殺してしまうといった事故も防げる
c0074454_17561092.jpg

捕獲条件は麻痺に加えHP減だが、捕獲マークの出る条件が最大HPの1/4ではなく1/8か1/10か1/16かそこらなのでクォーターやようがん石ではなくはんごろしを用いる
一度に3匹出すのであれば1匹犠牲にした上でようがん石を投げてもいいかも知れない
ただ間違ってもエスタークの魔石や黄金の壷を壊さないように注意する必要がある
c0074454_17561537.jpg


必要なもの
・まものの壷(必須)
・HP減手段(はんごろしの剣、ようがん石、クォーターの杖)
・マヒ手段(マヒの杖、はんごろしにマヒ印付ける(低確率)、マヒ技持ちの味方)
・ヤンガスのHP維持手段(聖域の巻物、力印を重ねた盾、回復の壷、世界樹の葉)
・モリーの壷の空き

折角準備したものの呪われていて使用不能だったりしたら笑えないので融合系以外のシャナク持ちが居ると安心できる
[PR]
# by hiohis | 2017-03-12 18:13 | 家庭用ゲーム | Comments(0)

新世界樹の迷宮/やーっとゴーレム倒した

騎/武/剣/鳥/魔 最大Lv39
攻撃時HPTP回復のお茶を飲んで挑む
ダメージソースはブシドーの焔とアルケミストの炎初期魔法で、両者とも200を少し越える程度
バードは全体回復になる踊りとカースメーカーから盗んだ攻撃ダウンと防御ダウンをローテーションで掛けていて忙しいのでTP回復踊りはアルケミストにやってもらう
パラディンは挑発してから自身と味方のHPに応じてフロントガードと防御を使い分け、暇になったら盾攻撃をしてやる
斧ソドマスの火力の出し方が未だに掴めず、腕技を繰り返す敵に対して頭封じ攻撃を行うか息吹をするだけ

HP満タンであれば三回攻撃が全部パラディンに来ても耐えられるのでとにかくフルに近い状態で保ち、怪しいと感じたら防御で凌いでいく
長期戦にはなるがTP回復踊りがあるので不安は殆ど無かった、相手のリジェネレート?もはじめて使用した強化解除の踊りで1ターン解除できたのも大きかったと思う

世界樹はずっと喰わず嫌いしていたが遊んでみると戦闘はナナドラと似たようなものだし、ほぼ必須な職業が居るわけでもないので意外と親しみ易いシステムだと感じた
ただキャラグラのブヒ度が足りない
[PR]
# by hiohis | 2017-03-07 23:17 | 家庭用ゲーム | Comments(0)

モバイルモニタはゲーム用に使えるのか On-Lap 1101H

現在のゲームハードの映像出力にはHDMIを用いるのが主流である。
PS4やPS3は言うに及ばず、PSVitaTVやレトロフリークもHDMI対応なので入力端子の必要数は多い。
ところがモニタに搭載されているHDMI入力端子は大抵が2つまでで、低価格モデルであれば1つしかないことも珍しくない。
これまではHDMI切替器(1出力3入力)を用いることで代用してきたが依然として入力端子が1つ足りないこと、またGBやSFCのゲームを遊ぶ際に24インチのモニタは大きすぎると感じていたことから小型のモニタを探していた。

そこで見つけたのがモバイルモニタであり、TEKWINDのGechic On-Lap 1101HとドスパラのDG-NP09Dだった。
10インチ程度の小型モニタと比較すると高いが、持ち運ぶことを想定して作られているので非常に薄く軽い。
これなら必要のない時には雑誌を棚に仕舞う程度のスペースで片付けておくことができる。
バッテリーもMicroUSB接続でACより取り回しがいい。上記の2点のいずれかの購入を考えることにした。

On-Lap 1101Hは約2.6万円、11.6インチ、1920x1080、非光沢、応答速度14ms、スタンド兼カバー付属。
一方DG-NP09Dは約2.0万円、8.9インチ、1920x1200、光沢、応答速度不明、内臓バッテリー搭載と長短が入り混じる。
ただ想定する用途がゲームのみという点を考えると、DG-NP09Dの縦解像度+120は野暮だし、
720pのレトロフリークのように解像度が合わない際の引き伸ばし表示ができるか不明瞭だったので1101Hを選択した。

実際に1101HをVitaTVやPS4に繋げて使ってみると
16:9画面なので上下に帯もなく、また全画面で表示してくれるので非常に見栄えがいい。
レトロフリークもプレイ画面では左右に帯が出るもののプレイに支障はない。
購入時に最も気になったのが応答速度14msという点だが、以前の5msモニタでも長時間のアクションゲームはプレイしていなかったのではっきり遅延があると感じることはなかった。
1msのモニタから繋ぎ替え、コマンド入力の反応を身体が覚えているヘビープレイヤーであれば知覚されるかも知れないが、軽く遊ぶ程度であれば問題ないと感じた。
とはいえパワプロの2度押しでは若干の感覚のズレを感じたので、1101Hに限ったことでは無いが応答速度の異なるモニタとの併用には避けるべきだろう。

電源に関してはmicroUSB接続なので、PS4から供給することも可能だ。
つまり1101Hに映像(+音声)を出力してPS4をプレイする際にはACコンセントが1つあれば良い。
また、PS4をスタンバイ時に給電する設定にしておくことで、PS4を落とした状態で他機種で遊ぶことが出来た。
意外な親和性の高さに驚いたが、やはりPS4で遊ぶには24型~は欲しいと感じた。悩ましいところだ。
なお、電源に関して言えば手持ちのモバイルバッテリーでも供給が可能だった。
1101Hの電源仕様は最大輝度2.0Aとあるので旧型のモバイルバッテリーやケーブルでは無理かと思ったが、最大1A出力対応のCheero Power Plus 3 stick程度でも動いてしまった。
最大輝度ではない(30/100)からか嬉しい誤算だった。ただ安定動作を志すならば仕様通り2A対応のモバイルバッテリーを選択すべきか。なおドット欠けはなかった。

ざっと試用した感じの感触は想像以上に良く、色々な用途に応えてくれる非常に汎用性の高いアイテムだと感じた。
ただやはりネックなのが価格で、メーカーを選ばなければ応答速度1-2msで144Hz対応の据え置きモニタが1101H以下の値段で買えてしまう。
もっともゲーム用途から脱落しても省スペースを生かしてAbema専用サブモニタにしたりNUC用モニタにする等の選択肢はある。実際そう納得して購入した。
「モバイルモニタはゲーム用に使えるのか」。答えはイエスだが万人向けではなく、小型モニタを求めるニッチな層には有力な選択肢になり得るという程度のものだろう。
[PR]
# by hiohis | 2017-02-25 22:52 | Comments(0)


mylife


by hiohis

プロフィールを見る

メモ帳の裏

十四歳と百ヶ月ちょっとの人生

検索

カテゴリ

全体
チラシの裏
クソみたいな世界
時事
独身男性・モテない男性
野球
二次元
テレビ・映画
家庭用ゲーム
漫画・文庫
ネトゲ
Computer
ネット

AA・コピペ
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
more...

タグ

(27)
(18)
(17)
(15)
(13)
(11)
(10)
(8)
(8)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

記事ランキング