人気ブログランキング |

健大を倒した事による慢心が出たと思った

2015年10月31日 関東大会初戦 花咲徳栄(埼玉2)×樹徳(群馬1)

花咲4-2樹徳

結果は残念だった
樹徳は得点圏が3回あり、一死二塁→一死一三塁、無死二塁、一死一二塁とチャンスは作ったもののそこから一本が出なかった
守備に関して言えば終盤に捉えられたものの小寺がよく投げきったとは思うが
7回表に無死でピンチを迎えながらも番5番を討ち取った後に重盗を許したのが痛かった
一塁走者が走り、捕手が二塁に投げたところで三塁走者が突っ込むというものだったが
捕手の嶋田に少々余裕がなかったように思う
仮にだが、二盗を許したところで現実通り次打者を打ち取れていれば
3-2と迫った9回裏無死一塁の好機にバントをするなりの選択肢が取れていただけに

強打を引っ提げて関東大会に乗り込んで
しかし相手の好投手には9回途中まで無得点、というのは悔しいが完全な力負けという印象だった
ただ県大会ではエースか二枚看板か定かではないが二年投手の越塚が抜けた後に
一年の小寺が素晴らしい働きをしてくれていた
前チームとはいえ甲子園ベスト8の健大や花咲徳栄相手に好投、粘投したという点は自信になるだろう
絶たれた選抜の望みは一先ず桐一に託して更なるチーム力の向上に期待したい
by hiohis | 2015-10-31 13:08 | 野球 | Comments(0)


mylife


by hiohis

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

メモ帳の裏

十四歳と百ヶ月ちょっとの人生

検索

カテゴリ

全体
チラシの裏
クソみたいな世界
時事
独身男性・モテない男性
野球
二次元
テレビ・映画
家庭用ゲーム
漫画・文庫
ネトゲ
Computer
ネット

AA・コピペ
未分類

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

タグ

(28)
(21)
(18)
(15)
(14)
(13)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

記事ランキング