モバイルモニタはゲーム用に使えるのか On-Lap 1101H

現在のゲームハードの映像出力にはHDMIを用いるのが主流である。
PS4やPS3は言うに及ばず、PSVitaTVやレトロフリークもHDMI対応なので入力端子の必要数は多い。
ところがモニタに搭載されているHDMI入力端子は大抵が2つまでで、低価格モデルであれば1つしかないことも珍しくない。
これまではHDMI切替器(1出力3入力)を用いることで代用してきたが依然として入力端子が1つ足りないこと、またGBやSFCのゲームを遊ぶ際に24インチのモニタは大きすぎると感じていたことから小型のモニタを探していた。

そこで見つけたのがモバイルモニタであり、TEKWINDのGechic On-Lap 1101HとドスパラのDG-NP09Dだった。
10インチ程度の小型モニタと比較すると高いが、持ち運ぶことを想定して作られているので非常に薄く軽い。
これなら必要のない時には雑誌を棚に仕舞う程度のスペースで片付けておくことができる。
バッテリーもMicroUSB接続でACより取り回しがいい。上記の2点のいずれかの購入を考えることにした。

On-Lap 1101Hは約2.6万円、11.6インチ、1920x1080、非光沢、応答速度14ms、スタンド兼カバー付属。
一方DG-NP09Dは約2.0万円、8.9インチ、1920x1200、光沢、応答速度不明、内臓バッテリー搭載と長短が入り混じる。
ただ想定する用途がゲームのみという点を考えると、DG-NP09Dの縦解像度+120は野暮だし、
720pのレトロフリークのように解像度が合わない際の引き伸ばし表示ができるか不明瞭だったので1101Hを選択した。

実際に1101HをVitaTVやPS4に繋げて使ってみると
16:9画面なので上下に帯もなく、また全画面で表示してくれるので非常に見栄えがいい。
レトロフリークもプレイ画面では左右に帯が出るもののプレイに支障はない。
購入時に最も気になったのが応答速度14msという点だが、以前の5msモニタでも長時間のアクションゲームはプレイしていなかったのではっきり遅延があると感じることはなかった。
1msのモニタから繋ぎ替え、コマンド入力の反応を身体が覚えているヘビープレイヤーであれば知覚されるかも知れないが、軽く遊ぶ程度であれば問題ないと感じた。
とはいえパワプロの2度押しでは若干の感覚のズレを感じたので、1101Hに限ったことでは無いが応答速度の異なるモニタとの併用には避けるべきだろう。

電源に関してはmicroUSB接続なので、PS4から供給することも可能だ。
つまり1101Hに映像(+音声)を出力してPS4をプレイする際にはACコンセントが1つあれば良い。
また、PS4をスタンバイ時に給電する設定にしておくことで、PS4を落とした状態で他機種で遊ぶことが出来た。
意外な親和性の高さに驚いたが、やはりPS4で遊ぶには24型~は欲しいと感じた。悩ましいところだ。
なお、電源に関して言えば手持ちのモバイルバッテリーでも供給が可能だった。
1101Hの電源仕様は最大輝度2.0Aとあるので旧型のモバイルバッテリーやケーブルでは無理かと思ったが、最大1A出力対応のCheero Power Plus 3 stick程度でも動いてしまった。
最大輝度ではない(30/100)からか嬉しい誤算だった。ただ安定動作を志すならば仕様通り2A対応のモバイルバッテリーを選択すべきか。なおドット欠けはなかった。

ざっと試用した感じの感触は想像以上に良く、色々な用途に応えてくれる非常に汎用性の高いアイテムだと感じた。
ただやはりネックなのが価格で、メーカーを選ばなければ応答速度1-2msで144Hz対応の据え置きモニタが1101H以下の値段で買えてしまう。
もっともゲーム用途から脱落しても省スペースを生かしてAbema専用サブモニタにしたりNUC用モニタにする等の選択肢はある。実際そう納得して購入した。
「モバイルモニタはゲーム用に使えるのか」。答えはイエスだが万人向けではなく、小型モニタを求めるニッチな層には有力な選択肢になり得るという程度のものだろう。
[PR]
by hiohis | 2017-02-25 22:52 | Comments(0)


mylife


by hiohis

プロフィールを見る

メモ帳の裏

十四歳と百ヶ月ちょっとの人生

検索

カテゴリ

全体
チラシの裏
クソみたいな世界
時事
独身男性・モテない男性
野球
二次元
テレビ・映画
家庭用ゲーム
漫画・文庫
ネトゲ
Computer
ネット

AA・コピペ
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

タグ

(27)
(19)
(18)
(15)
(13)
(13)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

記事ランキング