カテゴリ:野球( 48 )

見たくはない・・・大阪桐蔭の勝利も・・・敗北も・・・

2018.10.21~2018.10.22 秋季高校野球関東大会観戦 山梨

本木が信頼を取り戻すには相当の努力が必要かも知れない。

桐生第一対習志野戦、桐一先発の本木は明らかに制球が定まっていなかった。
マウンドを降りることになった五回表、捕手久保田は高めにすっぽ抜けのボールを連発する本木に対して一球ごとに低くするよう大仰なジェスチャーを送り、ボールゾーンになるほど低いアウトローにミットを構えてみせた。
それでも腕を伸ばしてやっと捕れるようなボールを投げ、打者が一塁に歩き出したとき、捕手久保田がベンチを見たところで投手交代となった。実際は違うかも知れないが、監督の判断ではなく久保田の要請によって投手交代されたように見えたのだ。
下級生時からベンチ入りし、実戦経験も豊富な本木に対して恐妻家のように振舞う久保田の姿勢は頼もしくはあるが、反面チームを引っ張るべき立場であるはずの本木に歯がゆい思いを抱いたのが正直なところだ。

内田もそうだ。
相手先発は左投手だったが、相手エース飯塚が右上手なのだから下級生時からの期待を考えれば上位で起用されていなければおかしい。少なくとも小技ができれば二番には起用されていただろう。
秋は出遅れもあったが、最も信頼感のある打者は左打の山口である。この試合二番に座った彼を素直に三番に据えられればバントせずに済んだのだ。本木と同様に内田も伸び悩みを感じた。

13回は本当に勿体無かった。
タイブレークをゼロに抑えたのは奇蹟のようなものだ。そして相手に猛烈なプレッシャーを呪詛返しのように押し寄せる圧倒的優位な状況だったのに。
スクイズのサインを出すのであれば勿論代走を送ったのだろうが、スクイズを選択せず代走も出さないという事は工藤と山口の二打席(加えて言うなら相手のミス)に賭けたということなのだ。綺麗なヒットや大きなフライによる成功を求め、とにかく丁半博打の一打席勝負にすべきではなかった。
帰還すればサヨナラの場面だっただけにコーチャーの気がはやるのも仕方ないが、打者山口をもっと大切に扱った方がいい。
ここで山口に回らなかったせいで14回にバントをさせる羽目になってしまったのだから。

杉山が本当によく投げ、バックも守ったからこそ接戦となり、勝機のあった試合を落とした悔しさを味わえる。この悔しさを夏にぶつけて欲しい。


前橋育英対山梨学院戦、試合前に一つ特徴的な場面があった。
前橋育英の選手達はすでに整列に向けてベンチを出て集合準備をしていたのに山梨学院の選手達はベンチに座ったままだった。何を寛いでるのかと思っていたら試合前の散水がまだだったのだ。
勿論山梨開催ということで山梨学院は山日YBS球場の流れを熟知しているのだろうが、この光景を見て山梨学院の選手達が浮き足立っておらず精神的な余裕のようなものを感じた。
或いはYBS二戦目というのに整列を急いだ前橋育英側が浮き足立っていたとも言えるか(観客側の己も含めて)。
ちなみにスプリンクラーは複数箇所から一斉に放水されたりもするので中々迫力があった。銀サンこそないもののバックスクリーンも大きく立派な球場だった。特に風表示が目まぐるしく変わるのは高校野球観戦では新鮮だ。

とにかく山梨学院の打者達にとってこの日の前橋育英先発梶塚の球は打ち頃のようで、ファインプレーのしようもない打球がガンガン外野に飛んで行った。
一回戦で身体に打球を当て治療を行ったという梶塚だが、ここまで通用しないとなると単純に力負けの印象が強い。この日の梶塚は球場の球速表示で137程度がMAXだったが、相手二番手の駒井が左腕でMAX138程出したことも能力差を印象付けたと思う。
主審が高校野球にしては判定が辛かったかも知れない。ただ山学がファーストストライクを積極的に打ちにいく戦術で安易なカウント球を痛打されてしまう。試合中はどう組み立てればいいのか梶塚も須永も解らくなってしまったのではないか。

しかし山学二番手の駒井は想定外の戦力だった。前述したように左で140に迫るボールを投げ、前橋育英の打者陣は速球についていくのが精一杯だった。
そこにチェンジアップか何かの緩い球を投げられ三振。投手が相手打者に通用しなかったように、打者も相手投手に通用しなかった。

ここまで完敗したのだからセンバツ出場は考えなくていいだろう。
秋に優勝を果たしたように、依然として前橋育英が県内トップをひた走る存在であることは疑いようもない。夏4連覇がかかる翌年に、夏を制した上で全国で勝てるチームにもなっているのかは見定めたい。
二校に対して辛口にはなったが、甲府に足を運んだ事に免じて、また翌年の期待の表れと思って許して頂きたい。


[PR]
by hiohis | 2018-10-23 23:31 | 野球 | Comments(0)

見たくはない・・・大阪桐蔭の勝利も・・・敗北も・・・

本文はありません

[PR]
by hiohis | 2018-01-29 23:11 | 野球 | Comments(0)

きっと語られない真実の卵

2017.9.7 U-18 日本対オーストラリア戦
11回裏、日本は同点で無死満塁と絶好のサヨナラチャンスを迎えていた。
2番小園の放った打球はライトライナーに近い浅いフライとなり、タッチアップは厳しいかと実況席からも落胆の声が上がった。
しかしライトからの返球はキャッチャーが捕れないほど大きく反れ、バックネット方面に転がったことから三塁ランナー丸山が突入してサヨナラと誰もが歓喜した。
ただ丸山は捕球後に帰塁していない都合上本塁を踏めず、三塁に引き返すのみだった。
解説の元横浜監督渡辺からも苦言を呈され、一部ニュースサイトでも仔細は語られず丸山のミスと断じる記事が上げられた。


果たして本当に丸山のミスだったのか。
まず解説渡辺の言葉をとると、「抜けたら完全に行ける」、だから「フライでもゴロでも一回戻らなければいけない」というもので丸山の走塁を激しく非難していた。
しかしランナー全員が次の塁を狙ったことから分かるように、浅目を守っていたライトをもってしてもノーバウンドで捕球できるかはやや判断に難しいところだったように思う。
また、大きく反れたとはいえライトは強肩であり、大きく反れたボールがバックネット近くで弾むまでの時間は2.5秒程だった。
これではタッチアップは送球が大きく反れない限り難しい。ライトが強肩という情報を試合中に得られたかは確認も面倒なので置いておくが、例え情報がなくとも丸山はあの浅さではタッチアップは厳しいという判断を下したのだろう。
であればボールがワンバウンドした際にホームインが間に合うよう捕球の瞬間までハーフウェイをとるのも最適解といえるかは定かではないが、少なくとも選択肢の一つとして有り得るのではないか。


ノーバウンドで捕球されたにも関わらず本塁突入するフリをしてみせたのは陽動、囮、トリックプレーと見て間違いないだろう。
一塁ランナー藤原、二塁ランナー西巻は共に塁間の真ん中程度まで飛び出していた。
丸山の位置からライト方向に飛んだ打球を追えば西巻はともかく藤原の飛び出しは目に入る。そしてAUSの選手は一塁二塁共にベース上に動き始めており、三重殺はともかく二つのアウトは十分にとれるタイミングにあった。
これを防ぐ為、捕球の瞬間僅か前から脇目も振らずに全力でタッチアップしているように"見せかけた"。
好意的な解釈をするなら、これに動揺したライトが(恐らく)ファーストへの送球を大きく逸らし、結果ダブルプレーを防いだのである。
ただ、どうも陽動を行うことでバックホームを確実に誘い出せると考えていたフシがあり、本塁に向かって深く突っ込みすぎていた。
サードがベースに入るのは他の塁に比べれば遅れていたとはいえ、ファーストがカットした上で三塁に投げられたらアウトの可能性が高かったというのは一つ丸山の判断ミスではないかと感じた。とはいえ、グラウンド上の全ての選手の中では状況判断に優れていた方だろう。

丸山がハーフウェイであることをライトが確認していた(因みに他内野手は全員打球方向を見ていた)から一塁に投げられたという可能性もあるが、
なら帰塁していた上でタッチアップの偽走で藤原を救えたかというと確実にそうとは言えないのではないか。
ライトが捕球する→タッチアップを警戒してバックホーム の流れであれば救えたが、ライトが捕球する→タッチアップされても余裕で本塁アウトをとれると冷静に判断し中継や一塁に投げる であればやはりダブルプレーの可能性は高い。まあ前者のプレーになる可能性が圧倒的に高いだろうが。
勿論丸山のとった選択も確実に救えた訳ではない。現に(恐らく)一塁に投げられており、送球が逸れなければダブルプレーだった。
それでもハーフウェイという判断をとった上で、捕球されたらまず戻るべきところを突入という陽動によって藤原を救った一連の行動は精一杯のプレーと言えるのではないかというのが何十回と見返した上での所感である。


丸山にとって不運だったのはライトの返球が捕手も本塁付近で捕れないほど大きく逸れ一度帰塁していればホームに帰れたこと、そして解説の渡辺が完全なチョンボと断言し視聴者にもまず丸山のミスという印象を抱かせてしまったこと。
そして何より、このプレーについて私の推測通りの事を丸山の口から解説することになれば飛び出しをした藤原に責任を転嫁することになってしまう為、本人の口からは語りにくいということだ。試合後のミーティングレベルでは語られたかも知れないが、その内容は表出しない可能性の方が高い。
かくして真相は(きっと)闇に葬られ、世間的には丸山のみのミスとして語られていくのである。
いや実際に野球を熟知した有識者がプレイを拝見してやはり丸山のミスという決断が下されるのかも知れないが、もう少し細かな解説が欲しかった。


[PR]
by hiohis | 2017-09-14 20:11 | 野球 | Comments(0)

「負けたら終わり」というプレッシャーを人一倍背負い込んで

気負いして潰れてしまった
降板した内池の姿からはセンバツを軽んじた様子は一切なく、ただ力を出し切れなかった後悔が支配していたように見えた
最後の夏ではなかったが、部長と迎える最後の大会ということが他人が思う以上に重く大きかったのかも知れない

エラーは1個だが判断ミスが失点に繋がり、持ち前であるはずの守備から崩れていった
犠打でランナーを進める堅実な野球が大量ビハインドのせいで出来なかった
それでも9点差というほぼ絶望的な点差で土壇場の粘り強さを見せ、"らしさ"は発揮して来られたのかなと思う
先制した勢いで突き放すor逃げ切るのが秋のパターンだったが、ここにチーム単位で成長の跡を見せてくれたのが一番の救いだと感じた

前世代が渇望して届かなかった甲子園を手にしつつも
ただ出るだけでは駄目だと改めて実感したのではないだろうか
昨秋と今春の経験を糧に春夏にまた一つ成長した姿を見せて欲しい

2016.3.20
滋賀学園 9対5 桐生第一
[PR]
by hiohis | 2016-03-21 22:18 | 野球 | Comments(0)

先行逃げ切り

本文はありません
[PR]
by hiohis | 2015-11-24 22:59 | 野球 | Comments(0)

健大を倒した事による慢心が出たと思った

2015年10月31日 関東大会初戦 花咲徳栄(埼玉2)×樹徳(群馬1)

花咲4-2樹徳

結果は残念だった
樹徳は得点圏が3回あり、一死二塁→一死一三塁、無死二塁、一死一二塁とチャンスは作ったもののそこから一本が出なかった
守備に関して言えば終盤に捉えられたものの小寺がよく投げきったとは思うが
7回表に無死でピンチを迎えながらも番5番を討ち取った後に重盗を許したのが痛かった
一塁走者が走り、捕手が二塁に投げたところで三塁走者が突っ込むというものだったが
捕手の嶋田に少々余裕がなかったように思う
仮にだが、二盗を許したところで現実通り次打者を打ち取れていれば
3-2と迫った9回裏無死一塁の好機にバントをするなりの選択肢が取れていただけに

強打を引っ提げて関東大会に乗り込んで
しかし相手の好投手には9回途中まで無得点、というのは悔しいが完全な力負けという印象だった
ただ県大会ではエースか二枚看板か定かではないが二年投手の越塚が抜けた後に
一年の小寺が素晴らしい働きをしてくれていた
前チームとはいえ甲子園ベスト8の健大や花咲徳栄相手に好投、粘投したという点は自信になるだろう
絶たれた選抜の望みは一先ず桐一に託して更なるチーム力の向上に期待したい
[PR]
by hiohis | 2015-10-31 13:08 | 野球 | Comments(0)

見たくはない・・・大阪桐蔭の勝利も・・・敗北も・・・

本文はありがとう
[PR]
by hiohis | 2015-08-16 11:05 | 野球 | Comments(0)

はぁ

浦学も無エ 桐蔭も無エ
たまに当たるの天理教
[PR]
by hiohis | 2015-07-30 18:07 | 野球 | Comments(0)

ラスボスって強いね

去年の夏が終わっても高校野球熱が冷め切らなかったのは
川井柘植柴引が残ってたというのもあるけど
何より桐一の山田世代が残ってたというのが本当に大きかったよ
五度目の挑戦権を手にしてそれで負けたんだから外野からすれば悔いは無い
ありがとう
[PR]
by hiohis | 2015-07-26 15:27 | 野球 | Comments(0)

はぁ

平安も無エ 第四も無エ
横浜それほど期待が無エ
カワトンも無エ 常総も無エ
都泉初戦で敗れて無エ
[PR]
by hiohis | 2015-07-24 18:04 | 野球 | Comments(0)


mylife


by hiohis

プロフィールを見る

メモ帳の裏

十四歳と百ヶ月ちょっとの人生

検索

カテゴリ

全体
チラシの裏
クソみたいな世界
時事
独身男性・モテない男性
野球
二次元
テレビ・映画
家庭用ゲーム
漫画・文庫
ネトゲ
Computer
ネット

AA・コピペ
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

タグ

(27)
(19)
(18)
(15)
(13)
(13)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

記事ランキング