タグ:A列車で行こう ( 9 ) タグの人気記事

A列車で行こう3D/水と絶壁の間でクリア

難易度標準

クリア条件
・工業比率90%(1年以内)
・鉄道総延長100km(2年以内)
・年間鉄道利益100億(12年以内)
・人口一万人(12年以内)

上場縛り
運賃が大幅に下げられており、且つ開始時の公共機関利用率が5%なので旅客やバスによる利益は期待できない
駅ビルを建設したところで当分は赤字を垂れ流すだけなので立地向上の主要手段は道路の敷設ということになる

まず1年以内に達成しなければならない工業比率だが、これは製油所や水力発電所、資材工場を建てては売り出しを繰り返すことにより運転資金を回しつつ工業比率を高めていく
売り出し運が悪ければゲームオーバーになっただろうが、開始時点の工業比率が低めなので余程運が悪くなければ半年以内には売れると思う
製油所Aの場所は南端の小川にしたが、北隣町に近い場所に建設すると石油輸入により資源利益も稼げるのでより良い
今回は資材工場Aを3、Bを1、製油所Aを1、水力発電所を3、その他適当に家具工場らを建設して90%に届いた

プランについては効果の乏しいものが多い
人員増強、業務効率化については2900%にもなる従業員負荷の前では雀の涙程の効果しかない
業務効率化は高額な上に効果が薄いのでやるなら人員増強でいい
社員状況も上げたところであっという間に下落するので放置してよい
長い目で見ると運賃値上げと季節ツアーを繰り返し、将来の旅客事業の足しにしたいが10年以内に他シナリオの水準にまで戻せそうもないのでやはり放置して問題ない
地下資源も少なめでわざわざ建てる程ではない
ただ、地下鉄道技術獲得は行っておく

工業施設の売り出しが順調に進んだので収益獲得手段を強めておく
南端には農協と漁港があり、物流センターを建設することで二種類の資源で稼げるようになる
配置については以下のようにした
c0074454_23510060.jpg
トラック駐車場を二つ敷設し、片方を積む専用、もう片方を降ろす専用とし倉庫範囲を一ヶ所ずつ指定することで資源の峠越えが可能になる
東側の農業倉庫及び水産倉庫に届くように物流センター1ヶ所とスーパーを5ヶ所建設し、農産、水産を1日に9個消費できる環境を整えた(水族館は社員状況が良化した6年目に建設)
ついでに冬に備えてもう一つの農協から運輸する道路も延伸した

鉄道距離は地域内で上手く延伸するプランが思い浮かばなかったので、隣町への接続をメインに稼ぐ
西側には農協のある地域があり、峠の向こうの木材を伐採することで農産と木材の二種輸出が可能になる
北端の奥山湖も隣町に接続し、木材の輸出と後に建設する製油所B用の石油輸入に貢献した
また、これは鉄道距離は稼げないものの、先んじて行っていた地下鉄道技術により安価に東町に接続できる場所があり、ここから資材を輸入し伐採所を建設し製材所に供給することができた

鉄道利益については旅客売上が全く期待できない為資源の輸出がほぼ全てになる
上述した輸出では年間目標に到底届かないので隣町から輸入し隣町へ輸出する路線を敷設する
ただ、高架や地下路線で隣町に接続すると莫大な費用がかかってしまうので抵抗がなければトンネルバグを使用する
c0074454_23512195.jpg
このように敷設することで42億程度に抑えられ、距離も短く抑えられる
高架の接続費用は50億、地下鉄道に至っては80億もかかることを考えると、プラン地下鉄道技術獲得にかかる費用も決して高くはない
敷設後は資源の差益で稼ぎ、一種類につき一日10個の輸送を四種類もやれば年末までには利益100億に到達する

最後に人口目標一万人だが、これはほぼ全て自社住宅子会社で増やすくらいの意気込みで行く
木材消費のあてがなくても北西部或いは北東部に伐採所を乱立させ、森林が平地になり地価が安くなった先から買収を繰り返し安価に土地を確保する
ただすぐに開発すると買収前の森林の地価も上昇してしまうのですぐには開発を行わず、一面が砂漠のような大地になり果てたところで広範囲に道路を敷設していく
今後走らせる予定という体でバス停を常識内の範囲で設置してゆき、太鼓判を押される立地に住居を乱立させていく
住宅街開発に着手したのは5年目で、その頃は人口1000人程度だったが、2年かけて1万人に到達した

旅客度外視のシナリオは新鮮で面白かったが、攻略手法が「トンネルを抜けると」と被る部分もあり、少々時間を置いてから遊んだ方がより楽しめたのだろう
ただ旅客事業では未だに利益を出せそうになく、ここからどう黒字化させるかトライしていきたい
[PR]
by hiohis | 2018-05-19 23:49 | 家庭用ゲーム | Comments(0)

A列車で行こう3D/トンネルを抜けるとクリア

難易度標準

クリア条件
・新幹線
・総資産2000億
・商業比率80%
・娯楽比率50%

上場縛り
娯楽比率→商業比率→総資産→新幹線開通の順に攻略を目指した
新幹線の開通予定地にビル等が建たないよう資材置場の配置を考慮する

該当産業の子会社を建設する前に、現在産業比率の頂点に位置する林業の減少が必要と考え伐採所の乱立を行った
産出した木材の処分先として製材所を密集して建設し、木材置場等で囲んでやることで100%を維持させる
隣町に近ければいずれ旅客列車を通す為の先行投資と考え、線路を敷き輸出させる
クリアまでに建設した伐採所は14箇所で、輸出用に7箇所、製材所消費用に6箇所、残りの1箇所はただ比率を下げる為に建設した
ただ、最終的な伐採所の撤去を含めても比率減少に大きく貢献したという印象は薄く、利益獲得手段としての効果が大きかったように思う
それも精々2年程度なので、50%近くになるまでの工業化は必要なかったかも知れない

駅周りに道路とバス停を敷き、立地状況を良くした上で中ビルや娯楽施設を建設する基本的な方法を行う
石氏は放置していたせいで市街化調整区域候補になってしまったが、なんとか峠の南北あわせて3箇所スキー場を配置することで回避できた
タワーB(建設後売出70億の売却益)、遊園地B2箇所、劇場2箇所、スキー場6箇所を建設し、2年目の3月に比率50%を達成した

商業比率80%達成を達成するための商業施設はCPUにも建ててもらいたいので、開発の手を広めていく
前述したスキー場の立地を悪化させてまで西の峠を南北に貫通させたが、これはクリアの為にはそれほど良い選択肢ではなかった
北西の住宅密集地は住居地域としてビルや遊園地等の建設が制限されており、主な開発地域は石氏に限られる為である
住居を潰しつつ線路を敷いたが、結局地域指定が解除されるのは3年目か4年目になってしまった
西の温泉街の駅を折り返し地点に設定し、南西から西の大都市に接続した方が良かったのだろう
3年目の9月に80%を達成した

商業比率を達成する頃には総資産も程々高まっていたので融資により総資産目標を達成させる
非上場であり、融資限度額は高くないので一年のうち最も限度額が大きくなる決算日前に2000億に挑戦してみる
借金は一片に借りると繰上返済しにくくなるので、借入金額が大きいほど分割した方が良い
融資しても2000億に達成できないようなら翌年に回せばいい
3年目の3月末に達成

2000億達成の為に限度額ギリギリまで借り入れても資金は1000億に満たず、900億の新幹線を誘致すると350億の納税が不可能になってしまったので
元々低空飛行だった社員状況を完全に無視して主要子会社をすべて売り出し、4-5月間の利益と売却収入で納税額を確保する
4年目の4月に行った新幹線開通は丸一年かかり、5年目の4月で開通完了しシナリオクリア
借金は新幹線周りに新たに建設した子会社によって返済できそうだが、鉄道以外にロクなドル箱がなく
新幹線の償却費をペイできない焼畑経営となってしまった

上場を縛るのはきつかった
借金の借り換えできないのはきつかった
後退後退不況不況と続く景気もきつかった
新幹線駅をMAP端に置くほど時間がかかるというのを知らなかったのもきつかった
新幹線の開通はもう1年近く待って資金繰りに余裕を持たせ、5年目末に達成するくらいで良かった
そこそこ社員募集したにも関わらず社員状況が全く改善できなかったのでもっと積極的に売り出して良かった
娯楽と商業の比率達成に目処がつくならマンションの建設売り出しも考えて良かった

次は唯一やさしいでクリアした湖水の標準又はいばらでクリア

[PR]
by hiohis | 2018-04-08 01:13 | 家庭用ゲーム | Comments(0)

A列車で行こう3D/未来への架け橋クリア


費用収益タイ王の原則という名セリフを知らないのかよ

難易度標準

クリア条件
・年間鉄道利益30億
・年間資源関連利益200億
・鉄道総延長100km

港縛り
1年目から資源利益200億は厳しいと悟り、まずは新港線の整備に着手する
南の隣町は大都市なので南新港駅と繋げてやれば延長線上の駅まで発展してくれる
新港町東側に工業建物が溜まっている都合上、南から資源の供給も行いたいので複線化を行いたいが
新港中央駅以西は商業施設や公共施設が集い、収用にコストが掛かってしまう
なので新港中央駅辺りに接続線を作り、新港西の駅を撤去する
そしてT字型に路線を繋いで過密過ぎない程度に駅を置いてやれば次第に発展していくだろう
資源関連利益達成の為には少しでも資源の仕入値を安く抑えたいので、貨物駅専用の路線を東の隣町まで延伸させておく

その他の線路は川江-川江子-新港-(後々)南隣街を繋ぎ農産水産を卸売市場へと運ぶ複線単線入り混じりの路線、家袋と北隣町を繋ぐホーム2両の単線と資源運搬専用の単線のみ
ただ川江と川江子には資材も資材工場もない為、まず新港線で南隣町からとってきた資材を元に資材工場Bを建設し、それを新港線から道路へ、道路から島を縦断する路線へと運んでいく
そして島に駅を一つずつ作り、農産と水産を運べるようになる

ただ、農林と水産を毎日20個ずつ納めたところで目標利益の到達には全く足りないので、他の資源消費方法を考える必要がある
東は小都市だが、北と南は大都市なので大量に資源を仕入れても価格変動は起こりにくいので
隣町からの仕入れ値より高く売れるものをまず狙う
一年目は石炭と木材が高く売れたので、家袋の西部と新港の東部を局地的に工業地帯を形成して木材と石炭の消費を促していく
一年で最終的に木材14、水産21、農産21、石炭24.9を一日に消費出来るようになったが、それでも週間利益は3億程度と目標達成は程遠いと分かるので更にテコ入れをしていく

A列車3Dは資源売買に関しては現金主義会計を採っている
生産施設から仕入れた際に現金の支出と共に資源関連費用が計上され、都市内で消費された際には収入と共に資源関連収益が計上される
そして期末の棚卸処理は行われない(商品は仕入時に増え、売上時に減るのみ)
よって資源を消費させず貯蔵したまま期を跨ぐことで費用を前期に、収益を当期に振り分ける事が出来るのである
例として、都市内仕入320万、都市内販売380万、隣町価格240万の場合
仕入と消費の年度が同一であれば380万-240万の140万が資源関連利益として計上されるが、仕入と消費の期を跨ぎ消費する事で前期は-240万、当期は380万となる
単年度の損益計算上逆鞘になることもない(費用は前期に計上済であり、当年の利益が減るだけで損失が出ることはない)ので相場変動にも強い
繰り越すべき資源は都市内販売が高く、消費施設を確保でき、資材置場が安いことが望ましい よって木材>農産>水産になるだろうか
注意点として資源を繰り越す年度は相当の資源関連損失が生じること、資源確保の為の土地と資金が必要なことだが、前者に関して言えば利益圧縮に貢献してくれるので欠点とも言い難いが、
木材を一日20個仕入れるとすれば6000万程度の資金を消費するので、他の資金獲得手段を確保しておかないとこの手法は採り辛い
最終的に木材を2500個、水産を96個、農産を96個繰り越し、二年目には更に製材所を7つ追加、物流センターも1つ建設することで2年の8ヶ月目で目標を達成できた

3つめの条件の鉄道総延長については、橋を架けると費用が嵩むので金に余裕がなければ無駄に隣町への接続線を引いてしまえばいい
1本引けば8kmになり、費用も6億程度で済む
クリア後も遊ぶのであれば公共利用率100%の状態で更に大幅に上げるのは勿体無いが、まあこの開発しにくいMAPで続けることもないと思うのであっさり引いて終了

開始時は社員状況が悪く、資源を消費する工業比率が突出するので工業以外の子会社を建てては売り出す方法を積極的に行っても良いのかも

[PR]
by hiohis | 2017-12-03 23:55 | 家庭用ゲーム | Comments(0)

A列車で行こう3D/新都心構想クリア

北、東、南をを結ぶ鉄道路線が予め結ばれており、MAPの中心地大部分を既に用地として買い上げている状態からスタートするのが特徴のシナリオとなる

難易度標準

クリア条件
・年間子会社利益200億
・年間固定資産売却益100億
・2年連続黒字

2年連続黒字は勝手に達成するので無視する
つまり子会社を建て、利益額の高い資産を残して利益額や率の低い資産を利益が出るように売れば良い

子会社建設時に営業部長が太鼓判を押していれば不幸な偶然がない限りは売却益が出るようになる
公共機関利用率を下げすぎないように道路の敷設を控えめに行いつつ、中心地なり駅前なりを子会社で埋めたいところだが、借金をしてまで子会社の乱立を行うとあっという間に業務負荷が高まり、社員状況が低空飛行となりやすい
子会社乱立や売却のタイミングにもよるが、従業員の募集は早めに、暇になるんじゃないかと思う程度にはやっておきたい
ちなみに従業員の募集が常に後手に回っていたプレイのクリア時(3年目4月)の従業員は667人、業務負荷120%程度、社員状況30程度だった

売却用の子会社だが、北西に工業施設を建てるか、発展地域に住宅を建てるのが良い
特に大きいのが製油所Bで、北西海沿いに貨物駅と資源置場を用意した上で建設し売り出すだけで140億の売却益を叩き出し、一気にクリアまで持って行ってくれた
建物価格の高い建物を売り出して一発当てるか、社員状況0覚悟で即売でコツコツ利益を稼ぐかは好みの分かれるところだが
製油所一つで達成できてしまったことを考えると借金した上で前者を選ぶのが良いのだろう
ただ売り出しなので売り出し期間は余裕を持って2年ほどは見ておきたい

意外に苦戦したのが年間子会社利益200億の達成で、景気は開始時点から悪く、更にそこから後退不況と続いていく
この不況でも強いのが資源を消費する建物で、卸売市場やスーパーBの四隅フォーメーションが安定した収益の確保に寄与してくれた
北西の製鉄所も隣町と近く、貨物駅を建て石炭を供給することで10億程度の利益を確保できた
残りは資材工場や中層ビル、安め~そこそこの商業施設でコツコツ稼ぎ80社で200億を越し条件を達成した

鉄道は今後の発展を見据えて敷設し、CPUに建てられる前に用地買収するなど理想的な下準備は出来たが、クリアする前に発展仕切れなかったのは少々残念だった
中心地を発展させていくここからが本番と思ってクリア後の世界を楽しんでいきたい
[PR]
by hiohis | 2017-10-14 22:01 | 家庭用ゲーム | Comments(0)

A列車3D/海に囲まれた小島辺りに火力発電所+置場複数建てて売り出す案

他産業比率を引き下げて発展を促せる(ペースを停滞させない)上に悪影響を及ぼす場所に勝手に工場を建てられるのを防止できる

ストーリーで使えるかは知らん
高い総資産目標が課せられているが株式公開に頼りたくない、
また利益は十分に稼げているが住宅商業の比率が100%に迫っていて投資先が無い場合には多少痛みを負ってでもやる価値はある
[PR]
by hiohis | 2016-11-12 02:02 | 家庭用ゲーム | Comments(0)

A列車3D/黒いダイヤの復活クリア

難易度標準

クリア条件
・年間資源関連利益 200億
・年間子会社利益 100億
・総資産 2000億
・子会社数 30社

クリア目標である子会社30社は普通にやっていれば達成できるので頭を悩ませる必要はない
総資産も株式公開後の借入でどうにでもなる、一応クリア後も踏まえると1000億の借金をする際には超合体銀行の株式優待を持っておくとダメージが少なくて済む
よってこのシナリオは資材を消費する子会社を建設して子会社利益と資源利益を稼ぐというものになる

まず現代で建設不可能な北部の製材所と製鉄所を買収する
製材所は北隣町からのアクセスが良く、2個運送可能なセミトラクタで川越しに1日1個確実に運んでいく
稼働率が100%に満たなかった際には製材所の周りを木材置き場で数個囲んでやればいい
製鉄所は買収後に即新装して稼働率を戻してやる
炭鉱が完成するまでは北隣町から資源を輸入し、火力発電所も含めて消費してもらう
また、火力発電所は乗客需要が高いので、バス停も設置し火力発電所地帯と北隣町の間の発展を促す
付近に資材工場があるので下準備は少なく済むが、老朽化した火力発電所が取り壊しになる可能性を考慮して
資源置き場の供給範囲は火力発電所に届かない程度に止めておきたい

炭鉱を直ぐには建てないという選択肢もある
炭鉱を建てる際にどうしても道路なり路線なりの初期投資が必要だからだ
そのくせ購入価格が隣町より少々安い程度だと魅力も薄れてしまう
石炭の埋まっている四部地域を開発する利点は
・2年で建設価格をペイできる炭鉱(資源利益のみならず子会社利益にも寄与)を建設できる
・町から離れた地点なので資材工場の悪影響を与えにくい
・スキー場建設の足掛かりに出来る
等がある、子会社利益目標の達成が容易と考えるなら不要かも知れない

鉄道の拡張はそれほど行わなかった
というのも北に伸ばし過ぎると農組の生産力を奪いかねないからだ
結局、江尾駅と中心部の学校との間に一駅設けるだけに終わった
その代わりに複線化した路線の途中で南隣町に向かうよう延伸し、乗客需要の確保と資材の輸入を行う
運賃値下げも行い、江尾駅は中層ビルがポチポチ建つ程度にまでは発展した
が、開始時の景気が最悪なのか好立地の遊園地や劇場の利益がサッパリ伸びない
売却は標準即時売却でも利益が出る程だったが、これが大きな誤算だった

漁港は北に出来たが北隣町の価格が下がりに下がって都市内仕入れを大きく下回ったので輸入に切り替えた
2年目は1日に16個輸入し、物流センターとスーパーABに供給する
物流センターに農水を毎日供給してやれば1年で子会社利益が25-30億まで達するので
これを各駅周辺に計3つ程、スーパーBも併せて建てれば2つの利益目標は達成するだろう

クリア時の資源産出/消費子会社
・スーパーA 2箇所
・スーパーB 6箇所
・ホームセンター 4箇所
・伐採所 1箇所
・炭鉱 1箇所(売却撤去無し)
・物流センター 3箇所
・製材所 1箇所
・製鉄所 1箇所
・資材工場B 1箇所

これで年間資源利益が366億となり目標達成
補助金運は全く無かったが輸入価格がこちらに有利な価格に推移してくれて
当初の想像よりは楽に攻略できた
[PR]
by hiohis | 2016-09-19 18:39 | Comments(0)

A列車3D/いくつもの河を越えてクリア

時代の割には初期資金(標準の場合)に余裕があるので
借金しながらガッツリ鉄道敷設+土地買収しまくる
既に発展している東の鉄道を高架路線にして中州に繋げろと言われたが
真っ直ぐ延伸しようとした先の桜並木を潰すのを躊躇い、仕方なく
鉄道2両と資材作物貨物でひたすら隣町とピストン運行する程度に留めておく
西隣の街と繋がる環状線を作成して資材の運搬と街の発展を促していく

中州の前に北の街について触れる
卸売市場と農協があるので農産倉庫を置いて放置しても良かったが
人口3万の達成が不安だったので早期に隣町と接続しバスと資材運輸で気長な発展を目指した
学校効果か、隣町に隣接しない方が乗客数が多く早めに住宅街への発展を遂げてくれた
犠牲になった資源利益はトラック運輸で多少の穴埋めをしてもらう

鉄道路線は西隣町から最も右の中州を除いた3つを通るよう環状線(単線)を繋げたが
西の隣町から資材を運搬する都合上、左1に駅を多く設置したのに対し
他2つは中州の先端にちょこっと一駅を設ける程度だった
乗客数が少ない我慢の時期が続いたが運輸が突出した為にバンバンマンションが建ち、人口増加と乗客増加に貢献してくれた
駅周辺がある程度発展したら駅に下ろした資材をトラックで運搬し、需要が高まると同時に資材工場を建て密集地を広げていく
自前で資材を行き渡らせる程になった頃に西隣町への停車を打ち切り、完全に中州内の乗客需要のみで鉄道利益を上げていく
余裕が出来たら右2の東寄りに資材工場を建て、海を越えて右1に資材を行き渡らせるようにする

道路100kmは密集地から伸びるように広げていけば自然と達成できる
今回は初期路線距離が短いので公共機関利用率を高止まりさせやすく、パークアンドライドのように気にせずどんどん道路距離を延ばして構わない
株式公開もランクの条件がなく、2年黒字程度の剰余金があれば目標は達成できるだろう
人口も鉄道と道路の敷設で運輸がぶっちぎった上で資材を回していけば自身が何も立てなくても3万に達成できる程度には容易だった
ただ鉄道総延長が単線だと足りなかったので、左1の中州の南西砂浜地帯を鉄道敷設の犠牲になってもらった

完全勝利とは言い難いが、難易度普通で挑戦した中では最も簡単だったように思う
[PR]
by hiohis | 2016-07-12 00:10 | 家庭用ゲーム | Comments(0)

A列車3D/路面電車を強要される苦痛

パークアンドライドクリア
初期資金は余裕があるので収益体制を整えるのは難しくなかった
二車線道路に沿うように子会社をポツポツ設立しつつ、助成金が降りるタイミングで
やはり道路沿いに娯楽施設を建てるか中洲辺りに工場を設立していく
鉄道は部長の指示通り線路を複線化した上で本数を増やすか
南西辺りに資源転売用の路線を引けば鉄道利益は一年目にでも達成できるだろう

路面電車の利益目標が最も難易度が高いので、路面電車と軌道に関して
様々なテコ入れを行う必要がある
まず路面電車の改良を繰り返して利益率を高めていきたい
この際、路面電車の購入価格が予定より高くなってしまっても
利益目標には関係ないので気にしない
路面電車の運行費を抑えられる全部電力の優待も獲得したいところだが
路面電車は利益率が高い(=原価率が低い)為、運用費の3%カットというのは
改良を加えた路面電車の場合、多くとも精々年300万程度有利になるに過ぎない
改良を軸とするなら優待取得の優先度はそれ程高くなく、「株価の下がった時に買えたら」
程度の気構えで十分だと感じた

勿論これだけで達成できる筈もないので路面軌道の新設を行う
開始時点でそこそこ発展している住宅等の密集地を囲うように二車線道路を敷設していき
資源輸送トラックを用い満遍なく発展の機会を与えてやる
この際注意したいのが道路総延長で、一定値(50km?)を越えると
10km延ばす毎に公共機関利用率が5%減少してしまう
道路を隣町に隣接すると道路総延長が大幅に増えてしまうので
隣町から資源を輸入する際には可能な限り貨物車両を使いたい
最終的には開始時点で隣町に隣接している道路を撤去する事も視野に入れておく

乗客需要を当て込んで学校周辺に駅や路面軌道を配置敷設したいところだが
このステージの学校は老朽化が激しく、学校を資材供給範囲に含めるとよく撤去されてしまう
急速に発展する或いはさせる見込みがあるのであれば問題ないが
そうでなければ意図して学校を資材供給範囲に含めないことも検討したい

とにかく路面電車が今まで全くのノータッチだったので辛かった
[PR]
by hiohis | 2016-06-26 01:11 | Comments(0)

A列車3D/ふええ首が回らないよぉ・・・

たそがれの孤島1回目
発展速度が致命的に足りず16,000人弱で住宅割合が100%に迫ってしまい
人口を増やすどころか維持するので精一杯になってしまった
前回、古びた煙突編があまりにも港ゲーだったので縛って望んだが
あと1年半で人口16,000→20,000、鉄道60km→100kmの2つを達成するのは厳しい見通しだ

ここから逆転するには自前マンションを40個程度立てれば人口に関しては達成するが
1件建設するのに建物+土地で9億程、全部建てるには360億必要になってしまう
全ての子会社を即時売却することで資金400億を得られる為最後に足掻く手段はあるのだが
果たして元来のマンション事業を失ってまでゲームをクリアして達成感はあるのだろうか

追記
商品(マンション)を製造しまくって即時売却を繰り返せば全部売らずに済んだ
株式公開さえ済ませれば開発の手を緩めずに建設を続けられるのでもっと早く上場できれば楽だったと思う
未払法人税が立ってしまうと株式公開条件の最大の障壁である純資産額が減ってしまうので
早々の上場を目指すのであれば
(1) 剰余金が未払法人税に食われず、且つ剰余金が最大限まで膨らむ(であろう)期末前に公開を狙う
(2) 1会計期間中に集中して固定資産の売り出しを行い、売却益を計上する
(3) (1)を狙う為に年末以降はプラン実行の余裕を作っておく
この三点に注意したい

鉄道総延長は・・・葉島に犠牲になってもらった
[PR]
by hiohis | 2016-06-16 01:25 | 家庭用ゲーム | Comments(0)


mylife


by hiohis

プロフィールを見る

メモ帳の裏

十四歳と百ヶ月ちょっとの人生

検索

カテゴリ

全体
チラシの裏
クソみたいな世界
時事
独身男性・モテない男性
野球
二次元
テレビ・映画
家庭用ゲーム
漫画・文庫
ネトゲ
Computer
ネット

AA・コピペ
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

タグ

(27)
(18)
(18)
(15)
(13)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

記事ランキング